2011年11月04日

顔が分かる写真はNG?

学校広報誌に載せる写真ですが、学校によっては人の顔が分かってしまう写真はNGな場合があります。あらかじめ自分の学校が、顔出しOKかNGか、企画の段階で確認しましょう。
また、個人的に載せてほしくない場合もあるかもしれません。
NGの場合のテクニックとしては、集合写真や遠目の写真、後ろ姿、横顔などバッチリ顔が判別できないようなアングルで。名札やゼッケンの個人名にボカシを入れるのはよいですが、顔にボカシを入れるのはナンセンスです。
posted by helvetica at 17:30| 広報誌の作り方

2011年11月01日

取材や校正にかかる時間を予測しよう

広報誌の発行まで、進行上の注意点をいくつか挙げてみました。
(1)企画内容を決定権のある人物に、最初に確認しよう。出来上がってからのクレームほど痛いものはありません。

(2)記事を書くのが得意な場合と不得意な場合を考えて、文字や写真の量を決めよう。

(3)アンケートや執筆依頼は早め早めの依頼を。

(4)写真撮影の注意点
 ●引きの写真と、アップの写真、同じ写真でも右・左・正面を撮る。
 ●デジカメの解像度はできるだけ大きくする。
 ●常識的にNGな写真(逆光、陰、ピンぼけ、ブレなど)
 ●横長ばかりでなく、縦長のショットも撮る
 ●顔バレNGな場合は、首から下、後ろ姿、遠目の写真にする(顔にボカシは避けたい)

(5)校正の戻しを待っている時間も計算しよう。

(6)校正ミスがないように、過去に直したところも見る。二人以上の目で確認しよう。
posted by helvetica at 00:15| 広報誌の作り方

2011年10月31日

データを自分(お客様)で作る場合

【質問】:Wordでデザインレイアウトは広報委員にて行うので、印刷のみお願いできますか? その場合、注意点や校正をしないといけませんか? また、手直しだけなら安くできますか?
【回答】:原則として、ワードやエクセルで作成したデータを印刷のみ承ることはしておりません。直接印刷会社さまへお問い合せください。ただし、下記の事柄に当てはまることがあれば、こちらでデータの手直しをして印刷へまわすことが可能です。印刷入稿に自信がない場合は、遠慮なくご質問ください。データに少し手を加える程度なら、ゼロからデザイン依頼をするよりも、格安で承ります。
(1)印刷知識がなく、直接印刷会社へ頼むのが不安。面倒。
(2)データに少し手を加えて、見栄えを良くしたい。
(3)写真をきれいに調整してほしい。
(4)メリハリのあるフォントを使用したい。
posted by helvetica at 23:42| よくあるご質問と回答

2011年10月15日

広報紙の新企画は要確認を!

PTA広報紙では、毎年企画内容が同じなのが慣例です。でも時々新企画を提案する広報委員さんがおられます。ただここで注意したいのが、急にこれまでやったことがない企画だと他の委員のメンバーが戸惑ったり、決定権のある人物(副校長が多い)に反対されたりする恐れもあります。広報委員さんだけで進めてしまう前に、事前に承認を得ることをおすすめします。
posted by helvetica at 23:03| 広報誌の作り方

それっぽい写真アタリでイメージをつかもう

レイアウトを作っても何だかイマイチ、イメージが浮かばないなんてことはありませんか?
写真がないので、紙面の動きが想像できないからです。そんな時はWeb画像から適当にそれっぽい写真を拾ってきて、アタリでいれていけば簡単です。ズームアップとズームアウト、右から、左から、正面写真を撮った場合のイメージも分かりやすくなるでしょう。
posted by helvetica at 22:30| 広報誌の作り方

2011年10月02日

創立周年記念誌の内容は?

今年、創立40周年になる小学校の広報さんから依頼が来ました。けれども、何を載せればいいのか見当がつかないとのこと。挨拶文、式典、祝賀会などありきたりの内容ではありますが、8P分の先割りレイアウトを作成しました。PTA会長と校長の挨拶文はそれぞれ約1P使ったので、予め副校長にこれでよいか確かめてもらうよう、広報さんに提案しました。「こんなに挨拶文が書けないよ」と言われたら、その分穴埋めも考えないといけません。それに、制作側が良いと思っても、先生にダメだしされることも十分考えて、早め早めの行動をしていただくようにしました。
posted by helvetica at 01:43| 広報誌の作り方